you_no studying
このブログは私you_noが日々勉強になったこと、或いは興味があったことを掲載していくブログです。
プロフィール

you_no

Author:you_no

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなバカな…?
最近、ニュースで見たのですが、カバには他の動物を捕らえて食べる肉食の習性があるそうです。
カバというと草食のイメージが強かったのですが、本当は「雑食」なのだそうです。一応、豚や猪と同じイノシシ亜目(Suiformes)に属する動物なので、それ自体は不思議ではないのですが、私が驚いたのは実はカバはかなり獰猛な動物だということ。
動物園などに行くと、かなりノンビリしている彼らは、何となく大人しい印象があったのですが、自分の縄張りを守るためにワニを襲うこともあるそうです。(吃驚!)
ちなみにカバはゾウに次ぐ体重を持つ陸上動物です。
飼育係が襲い掛かられたら、まず逃れることはできないでしょう。
220px-Hipopotamos.jpg

ただ、ここで疑問に思ったたのは、カバは昔から肉食だったのか?ということです。
カバの習性を観察している学者は、口を揃えて「草食だ」と言っていました。肉食もする雑食性の生き物だとはあまり言っていなかった気がします。
そもそもカバの肉食が見られるのは、食べるべき草が無くなった乾燥期に多いようです。
私的には、近年の砂漠化の影響でカバなどの動物の食生活が変化したのではないか、という気もします。
いずれにしろ、カバがいる河でボートに乗るのは危険だそうです。縄張り意識の強いカバは、ボート目掛けて衝突してくるのだとか。ひょっとしたら現地の人にとっては、彼らはワニ以上に危険動物なのかもしれません。
150px-Hippo_skull_dark.jpg

↑カバの頭蓋骨。凶暴な歯を持っていることから肉食性でもあることがわかる。
スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

陸上養殖
近年、漁獲量は減ってきています。
理由は乱獲による魚の量そのものの減少です。
このままのペースで行くと、あと数十年で魚はいなくなってしまうと言われています。(参照WWF
ちなみに魚の消費大国は何と言っても日本!! 輸入量はダントツでトップ。漁獲水揚げ量も世界最高レベルです。
お隣の韓国、中国も近年消費量が伸びています。タイ、マレーシアなどの国々も経済発展と共に魚の消費量が増えてきました。
このままで行くと、本当に私たちは魚を食い尽くしてしまうでしょう。
そうならないためにも私たちは、今ある海の恵み守っていく努力をしなければなりません。

そんな中、注目を浴びているのが陸上養殖という方法です。
この陸上養殖とは従来の養殖と違い、海の中に養殖場を作るのではなく、陸上に施設を設け、その中で魚を養殖させようというものです。
いわゆる生簀の考え方ですが、今までの養殖との大きな違いは、養殖場を作ることによって海を汚さないという利点です。
現在、ウニ、アワビ、ヒラメなどが養殖に成功しています。今後はクルマ海老、タイなどの養殖に期待がもたれています。
c_01.gif

私たちは数限りある資源を有効に活用していかなければなりません。
そして、それらを上手く循環させ、永久に利用できるよう努力していかなければなりません。そうでなければ、私たちが今後も繁栄し続けていくことは不可能でしょう。
研究団体の今後の活躍に期待したいです。

陸上養殖の研究、開発を行っている団体(※それに応用される技術も含む)
東京大学海洋研究所
独立法人海洋研究機構
エスペックミック株式会社
松下電工本社内(株)陸上養殖工学研究所
九州電力株式会社
c_01.gif
ブログランキング参加中

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。