you_no studying
このブログは私you_noが日々勉強になったこと、或いは興味があったことを掲載していくブログです。
プロフィール

you_no

Author:you_no

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば自分製作の書類で埋もれている
以前もお話しましたが、私の職場でパソコンに詳しい人はあまりいません。だから、ちょっとでもパソコンの知識があると重宝(?)がられます。あれやってこれやってと止むことなしに私に依頼(命令とも言う)がやって来ます。
それで気がつけば、会社で使う書類の雛形の多くを手がけることになりました。
最初は自分の仕事を軽減させるためだったんですが、やればやるほどする事が増えて、自分でデータベースを組んだり、書類の印刷ソフトやは一番安い予算まで検索してしまうというエクセルの雛形まで製作しました。
・・・これ作るために、休日がほとんど潰れたけど・・・
今は上司に褒められていますが、そろそろ「ウン、もうこれからは自分(上司のこと)一人で仕事が出来るよ。じゃあ、君、お払い箱ね」とか言われそう・・・
そうならないためにも、職場の人間関係って必要だなーとか感じています(--;

スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分 - ジャンル:日記

クリック募金に御協力下さい。
クリック募金とはアメリカで生まれた募金システムです。
1クリックする毎に1円(もしくは0.5円や5円)ユニセフや国境なき医師団などの慈善団体に寄付されるという仕組みです。
ちなみにクリックした方はお金を払う必要はありません。
この企画に協賛する企業が貴方に代わって慈善団体に募金する形になっています。(※つまり広告料の代わりとして慈善団体に寄付をしています)
勿論、クリックするだけというのは、実際にボランティアとして活躍している方に比べれば、ささやかな事かもしれません。
でも出来ることからやる、というのはとても大切なことだと思います。
このブログを訊ね、読んで下さる方の御協力をお願いします。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コンビニで売っている啓発本マジビジ
あなたの本気を応援するマジビジシリーズ…
そういうキャッチフレーズに誘われたわけではないのですが、コンビニエンスストアーで売っているビジネス本というのが、どの程度のものなのか知りたかったという気持ちがありまして購入しました。
値段は1050円。
PHP文庫の500円台のものに比べると、ちょっと高いです。
それで1ページ目を開いてよく読んでみます。

マジビジ宣言!!
どこの世界にもプロがいる
きみは何のプロだろうか
どこにいたって
マジになったらプロになれる
そろそろマジでビジネスやってみないか

…平仮名が多くて、とても大人向けに作られた本とは思えません。
でも書いてある内容は割りとマトモなことが書かれています。
私が今回購入したのは、時間管理の本です。
どれも「ああそうですね」と納得する内容です。
例えば仕事はまとめてやる。
習慣化させる。
仕事中は誘惑を遠ざける。
納得納得。私もこうしていれば、時間短縮は割りとできるだろうな、と思いました。

でも、だからとって全てを実行に移せるかというとそうでも無いんですね。
例えば三週間後までの予定を立てるということ。
三週間後まで予定を立てれば、それはそれで色々やることの指針がハッキリして行動も短縮化できると思いますが、私の仕事は顧客の変動で時間の取り扱いが大幅に変更しますので、これはほぼ実行不可能です。
何事もキチッキチッ!と決まれば、それはそれは気持ちの良いことなんでしょうけど、世の中そう上手く事は運びません。
予想外のトラブルなんてしょっちゅうです。

しかしこの本に書かれていることが実行可能かどうかは別として、啓発本としてはそれなりに纏まっていると思います。
これからビジネスを始める人には、たしかに手助けになるかもしれませんね。
時間管理術を学べ! 時間管理術を学べ!
J カウント (2006/05/12)
ディスカヴァー・トゥエンティワン

この商品の詳細を見る

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ナポレオン戦争全史
随分、昔(と言っても半年ほど前ですけど)に買った本でナポレオンに関するものがあったので紹介。
この本はナポレオン戦争の全戦闘を通じ、ナポレオンの戦術思想にとは如何なるものかと解説しています。実は日本にはフランス革命関連の書籍は多いのですが、ナポレオン戦争となると著作が少ないと言えます。
また、このような研究読本もあまり出版されていません。
(これが太平洋戦争だったり、三国志だったりすると書店でコーナーが設けられるほどの盛況ぶりですが)
そう言った意味で、この本はとても貴重な本という印象があります。

この著作ではナポレオン以前とナポレオン以後の戦術家を比較し、ナポレオンの登場によって戦争がどう変わったのかを説明しています。
この本以外のありきたりな歴史本では、ナポレオンがどうして戦争に勝ち続けたのかをこう述べています。

曰く、殺戮戦を行ったから。(※それまでの戦争は貴族同士の戦いであり、ナポレオンのような追撃戦は行わなかったからというもの)
曰く、革命思想の芽生えによって国民軍が誕生したから。(※それまでは士気の低い傭兵を使わなければならなかったというもの)

しかし、この本では勿論それらの要因も踏まえながらも「ナポレオンが何故勝ち続けたのか?」を丁寧に解説しています。
私はこの本を読み、ある意味ルイ14世時代の軍事改革、カルノーのピンサー作戦などを経たからこそナポレオンというフランス式軍学の集大成が生まれたのではないか、と感じました。
あくまで淡々と語っている上に、予備知識を必要とする内容なので、歴史絵巻や物語を求めている方には多少不満が残る内容かと思われます。
が、18世紀以降の戦史をより深く知りたい方にはお薦めです。
ナポレオン戦争全史 ナポレオン戦争全史
松村 劭 (2005/12)
原書房

この商品の詳細を見る

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

浅川よしはる先生!! 減点1です!!
私の住んでいる地域には、浅川よしはるという政治家の方をいます。
横浜出身の横浜育ち。横浜銀行に勤務とバリバリ横浜人間です。
地元なのでこの方が、選挙用のチラシを配っているのを何度か見かけています。
随分と選挙に熱心な方で、ほぼ毎日の如く街頭で選挙活動をやっておられます。
(※ちなみに現職の市議会議員さんです。市会議員さんというのは、仕事は何時やっておられるのでしょうか?って聞いちゃいけないことなんでしょうか?(^^;)

この方は見た目は悪い方には感じませんでした。
彼の配っている会報はわりとマトモなことを書いてありますし。
たぶん部活動とかでは率先して部員を引っ張っていくタイプでしょうね。
でも人が良さそうなので、気づかない所で、部下が不正をしたりして失脚しそうな感じもします。(あくまで見た目で判断していますが)

まあ、私は無党派なので、まだこの方に投票するとは決めてません。
選挙の日まで時間があるので、じっくり考えさせてもらっています。

…ただ今日、彼の事務所から封書が届いたんですね。
開けてみると、浅川先生を応援するために君の友達を紹介しよう!みたいなことが書いてあって、名前を書き込むための用紙が入っていたのですよ。こういうことって、おそらく今までの選挙でも行われていたんでしょうけど…、他人に個人情報漏らすのってどうなの?とか思いました。
正直、あまり気分の良いものではありません。
私的には浅川先生に対して減点1です。
これは私だけの感覚かもしれませんが、個人情報保護が叫ばれている今、こういったネズミ講の勧誘みたいな選挙方法ってどうなんだろう?とか疑問に思いました。

でも、浅川先生。
私はまだまだ誰に投票するか決めていません。
先生の今の市議会での活躍次第では、先生に票を入れることは十分あり得ます。(私は選挙活動はあまり見ません)
お仕事、頑張って下さい。

参考までに
横浜市会議員・浅川よしはる氏のHP

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

今日はババロアに挑戦
単純なケーキをつくるだけでは芸がないので、シフォンケーキの上にババロアが載っているものを作りました。
味の方はどうでしょうか?
とりあえず、シフォンケーキは友人から貰ったコーヒーリキュールを入れてから味が変になりました。
明日、ケーキを食べる職場の方々。南無~。
mn2104.jpg


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

チーズケーキ製作
チーズケーキを作りました。
しかもブルーベリーを入れて。
四つ分作ったうちの一つを家族で切り分けて食べてみたのですが、
これが甘くなかったのですよ(ノlllll;´□)ノあっ!!
なんというか…砂糖の味がチーズの味に負けてしまっているんですね。
砂糖の分量は間違えずに作ったのに、おかしいなあ、と思っていたら実は使用したクリームチーズに問題があったようです。
次は失敗せずに作りたいです。ハイ(‐‐;;
p_20.jpg


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

平和村
今日の世界ウルルン滞在記でドイツ国際平和村の特集をやっていました。
ドイツ国際平和村とは、紛争地域や危機に瀕した地域の子供を助けることを目的に設立された団体です。
主な活動としては、傷ついた子供たちをヨーロッパで治療し、リハビリを受けさせること。またアフガニスタンやカンボジアなどの紛争地で、同じような平和村を設立し、紛争で手足を失った子供たちに義手義足を取り付けることなどを行っています。
この団体には年間五億円ほどの寄金が寄せられているようですが、団体の活動のためにはまだまだ資金が足りないようです。
私は「ボランティアはお金だけが全てではない」とは思っていましたが、それでも義手義足を取り付けたり、紛争地から子供たちを連れて来て治療させるということには膨大なお金が掛かるのでしょう。
今も傷ついている子供たちを救うには、想いだけではない手助けが必要なのだと思います。
――善意は思っているだけでは結果は出せない。
番組で東ちづるさんが「とにかくお金ですね」と語っていましたが、現場で活動した方は、それこそ私以上にそう感じているのかもしれません。
projekte01.jpg

平和村のHP

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

またこの方が選挙に出られるようです。
都知事選:ドクター・中松氏、出馬へ

ドクター・中松氏 発明家のドクター・中松氏(78)=本名・中松義郎=は18日、毎日新聞の取材に対し、22日告示の東京都知事選に立候補する意向を明らかにした。近く会見して正式に出馬表明する。理由を「今回は出馬の意思はなかったが、今の立候補予定者では都民のもやもやが解消できない。世界に通用する人物など都知事の条件がクリアできるのは私しかいない」と説明した。
中松氏の都知事選出馬は91、99、03年に続き4回目となる。いずれも落選したが、前回選挙では約11万票を獲得した。05年にはユーモアと独自性を兼ね備えた研究に贈られるイグ・ノーベル賞(栄養学賞)を受賞している。【鈴木梢】

毎日新聞 2007年3月18日 21時42分 (最終更新時間 3月18日 22時15分)


たしか石原さんより御年の方だと思います。
発明家としてはユーモアセンス抜群ですが、政治家としてはホントどうなんでしょう?
政治家として何度も揉まれてきた青島氏や石原氏に比べると、どうも人間関係とかで苦労しそうな気がします。


エクセルで苦労しています。
エクセルでとても苦労しています。
私の職場ではアクセスは一切使わず、エクセルで全部データベース管理を行っています。
ちなみに私はMOS(Microsoft Office Specialist)の資格はひと通り所有しているのですが、正直エクセルをアクセスのように使うのは勉強していませんでした。
アクセスでは不一致クエリウィザードを使えば、一瞬でデータの配備ミスとかを検索できるのに、エクセルではCONUTIF関数とか使ってややこしい数式組み立ててやらなきゃならないのが大変です。
社内では私以外にパソコンがマトモに使える人間がいないというのも問題です。…ホントに誰かに助けてほしいです。


やさしくわかるExcel関数・マクロ やさしくわかるExcel関数・マクロ
西沢 夢路 (2004/02)
ソフトバンククリエイティブ

この商品の詳細を見る

テーマ:ふぅ~・・・。 - ジャンル:日記

堀江被告は反省する気がないようです。
東京地裁で16日午前、懲役2年6月の実刑判決を受けたライブドア前社長、堀江貴文被告(34)は、再保釈後の同日午後7時ごろ、文書でコメントを出した。「私どもの主張が容(い)れられなくて残念です。控訴審に向けて頑張ります」と記しており、末尾の年月日と署名のみ直筆だった。
関係者によると、堀江前社長は再保釈後、六本木ヒルズの自宅に向かう車中で「1年間やってきたのに、何で判決は検察側の起訴状通りの認定なのか。納得できない。判決の肝心なところはすべて検察官の言いなりじゃないですか」と不満をぶちまけたという。
堀江前社長は再保釈され東京地検を出る際、顔を紙で隠すようにしていたが、関係者によると保釈許可決定書を見ていたという。判決前には接触を禁止された相手はいなかったが、許可決定書には新たに接触禁止となった人の名前が書いてあったため、かかってきた電話に出ていいかどうかを確認していたという。
帰宅後は弁護士らとお茶を飲みながら約1時間半ほど控訴審での争い方を話し合い、時折、インターネットで自身の実刑判決を伝えるニュースを見ていた。動揺した様子は見せずに「今後も前向きに頑張ります」と話しているという。【伊藤一郎】
毎日新聞 2007年3月16日 21時52分



…自分が悪いことをしたという自覚がないというのも考え物ですね。
堀江被告の罪は粉飾決済によって株価を吊り上げ、自身の利益にしていたということ。
ちなみに粉飾決済とは会社を実際よりも儲かっていると会計を水増ししたりすること。自身もライブドア社の株を所有していた彼は、この粉飾決済によって自分の資産を増やしていたわけです。
これは他の株主からすれば、詐欺に該当するようなものです。
「自分は悪くない」と言い続ければ、自己正当化が出来るとでも信じているのでしょうか?
私は根本的にこの人は変わらなきゃ駄目だな、と思います。










テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

随分と更新が滞ってしまいましたが。
これから一生懸命に更新します。
仕事ガイソガシイノモカンガエモノデス。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

蜂にも過労死?
怪奇 消えるミツバチ 米24州に拡大 “過労死”?…原因不明
3月2日8時0分配信 産経新聞

【ワシントン=山本秀也】米国全土でミツバチが巣箱から集団で失踪(しっそう)する怪現象が広がっている。養蜂(ようほう)業者の減少で、みつの採集などの作業を通じて過度のノルマを課せられたことによる“過労死説”も出ているが、原因は分からず、国家養蜂局(NHB)が緊急調査に乗り出した。養蜂業への打撃に加え、ハチを介した受粉に依存するアーモンドやブルーベリーといった140億ドル(約1兆6000億円)規模の農作物への深刻な影響が懸念され始めた。
全米養蜂協会によると、元気だったハチが翌朝に巣箱に戻らないまま数匹を残して消える現象は、昨年の10月あたりから報告され始めた。27日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、この集団失踪がすでにカリフォルニア、フロリダ州など24州で確認されたと報じた。ハチの失踪数に見合うだけの死骸(しがい)は行動圏で確認されないケースが多く、失踪か死んだのかも完全には特定できない状態だ。
米国でのハチの集団失踪は、19世紀末から記録されており、1980年代にも2つの大型失踪が報告されている。だが、今回ほど広範囲な集団失踪は例がなく、ニューヨーク・タイムズ紙は「どの養蜂箱も空っぽだ」という生産農家の声を報道している。
米国の養蜂業は、価格の安い中国、アルゼンチン産はちみつの輸入に押されて衰退傾向だが、主要な農産物でハチを介した受粉への依存度はアーモンドで100%、ブルーベリーで90%などと高い。
ペンシルベニア州立大学の専門家マリヤン・フレーザー氏は、「州内の養蜂業者はこの25年間で半数以下に減少しており、ハチの受粉を必要とする農作物にどう打撃を与えるのかまったく予測できない」と語る。
疑われる原因については「過剰なノルマがハチに与えるストレス」「農薬の影響」「ハチの免疫系を破壊する疾病」などが挙げられているが、特定には至っていない。
bee-on-f.jpg

蜂が過労死したのか、あるいは何かの病原菌によるものなのかは、はっきりしませんが、いずれにしろ蜜蜂を使って果樹などの受粉を行わせている業者にとっては大打撃のようです。人間だけでは無く、犬にも過労死はあるようですから蜂にあっても変ではありませんね。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。