FC2ブログ
you_no studying
このブログは私you_noが日々勉強になったこと、或いは興味があったことを掲載していくブログです。
プロフィール

you_no

Author:you_no

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥インフルエンザの処置
鳥インフルエンザ:宮崎・新富で鶏23羽死ぬ 感染の疑い

宮崎県新富町の養鶏場で30日、採卵用の鶏23羽が死んでいるのが見つかった。県が簡易検査で、13羽中7羽で鳥インフルエンザの陽性反応が出ており、高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いが強いと見て調べている。今月に入って高病原性鳥インフルエンザは宮崎県清武町、日向市(いずれもH5N1型)と岡山県高梁市で発生しており、関連性も調べる。新富町は清武町と日向市の中間に位置し、県内でも有数の産地。

農林水産省に入った連絡によると、この養鶏場では採卵用鶏約9万3000羽を一つの鶏舎で飼っている。この養鶏場の鶏は隔離され、周辺約100農場(約350万羽)にも移動自粛要請がされている。

今後、分離したウイルスを動物衛生研究所(茨城県つくば市)で病性鑑定する。
一方、高梁市川上町の養鶏場「橋本農場」で採卵用の63羽が高病原性鳥インフルエンザで死んだ問題で、同省は30日、鶏から分離したH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが「強毒型だった」と発表した。宮崎県で相次いで発生し、アジアを中心に猛威を振るっているウイルス(H5N1型)と同じ型かは31日にも判明する予定。【北川仁士】

毎日新聞 2007年1月30日 20時15分



鳥インフルエンザの発見は養鶏業者にとっては不幸以外の何者でもありませんが、早期発見され、それが適正に処理されるということは、行政がしっかりと機能している証拠とも言えます。
中には牛肉偽装事件のように、産地を偽り補助金を受け取る畜産業者もいるでしょうが、日本の養鶏業者は概ね外食産業とのフランチャイズと個別契約しているため、産地偽装はし難いという特色があります。
今後も行政と畜産業者が協力し合い、食生活の安全が保証されると良いですね。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epimetheus07.blog91.fc2.com/tb.php/7-b5cf1b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。